奈良市のトータルビューティーサロン ダンブランシェ

Retinolpeel

新メニュー"純粋レチノールピール"

純粋レチノールとは

純粋レチノールとはわかりやすく言うとビタミンA。
ビタミンAとは2017年厚生労働省がシワ改善の効能効果に対して承認し一躍話題となった成分です。
しかし、ビタミンAは年齢と共に肌から減少します。食事で補うのは難しく直接肌に塗布することで補うことは可能です。
そこで、新メニュー純粋レチノールピールの登場です。肌の中から活性し、同時にピールもできます。
ピールとは角質層の新陳代謝ターンオーバーのこと。純粋レチノールを使用し基底層にしっかりアプローチ!

【このような方へおすすめ】
クスミ・毛穴・小ジワ・シミ・艶ハリ・美白・ニキビ・繰り返しニキビ・ニキビ跡など

角質にダメージを与える

角質にダメージを与える

・ケミカルピーリング(グリコール酸、サリチル酸)
・メカニカルピーリング(ダイヤモンドピールetc)
・ハーブピーリング(スポンジアetc)

深くピーリングでき、厚く剥ける
怪我を治す自然治癒力を応用

Pure Retinol Peel

下から押し上げられ、角質一枚一枚が薄く剥ける
基底層にアプローチし、細胞分裂を一時的に活性


■表皮の新陳代謝(ターンオーバー)を促進し、皮膚の形態形成抑制作用、細胞の分化増殖抑制作用など皮膚の再生を促します。また、ヒアルロン酸の分泌を増やし、皮膚をみずみずしくします。
■真皮でコラーゲンの生成を増やし、皮膚の張り、小じわ、毛穴を改善。
■皮脂腺の働きを抑え、脂性肌を改善しニキビを抑制。
■角質層を回復しバリア機能を改善。乾燥・赤み・シミ・くすみを減少。
※レチノールは「小ジワ改善の効果・効能」が2017年に厚生労働省から認められています。

お肌の必須栄養素ビタミンA

お肌の必須栄養素ビタミンA

ビタミンA は皮膚表層に高濃度に存在し、ビタミンC やE など他の抗酸化物質との相互作用ていますが加齢とともに減少してしまいます。食事で補ってもなかなか皮膚には到達しません。不足したビタミンA は皮膚に直接塗布することで補うことが可能です。

◆ビタミンAの種類
ビタミンAは脂溶性ビタミンで、物質としては一般にレチノール、レチナール、レチノイン酸に別れに誘導体を含めてレチノイドと総称されてます。(食物に含まれているβ- カロテンなど動物の体内でビタミンA に変換されるものは総称してプロビタミンAと呼びます。)

◆外用ビタミンA製剤の肌への働き
■表皮の新陳代謝(ターンオーバー)を促進し、皮膚の形態形成抑制作用、細胞の分化増殖抑制作用など皮膚の再生を促します。また、ヒアルロン酸の分泌を増やし、皮膚をみずみずしくします。
■真皮でコラーゲンの生成を増やし、皮膚の張り、小じわ、毛穴を改善。
■皮脂腺の働きを抑え、脂性肌を改善しニキビを抑制。
■角質層を回復しバリア機能を改善。乾燥・赤み・シミ・くすみを減少。
※「小ジワ改善の効果・効能」が2017年に厚生労働省から認められています。

◆外用ビタミンA製剤の種類
純粋なレチノールは、安定性が悪く、更に高価で貴重なため、一般的な化粧品原料としてはレチノールにパルミチン酸や酢酸、水素などを化合した「レチノール誘導体」が多く使用されます。
また、食物抽出の天然レチノールもあります。ビタミンA の強力な外用剤としては、レチノイン酸(トレチノイン)があります。生理活性作用は純粋なレチノールの50 倍~ 100 倍とされています。アメリカではFDA 認可のニキビ、シワの治療として外用薬(トレチノイン)が使われています。作用が強いため赤みや皮むけといった肌への刺激も伴います。

ビタミンA製剤
レチノイドの種類と効果ビタミンAは、物質としては一般にレチノール、
レチナール、レチノイン酸に別れ、
誘導体を含めてレチノイドと総称されてます。

  • 守りのビタミンA

    (ビタミンA前駆体)
    安定性に優れ、
    化粧品に容易に配合できる。
    ・パルミチン酸レチノール
    ・水添レチノール
    ・酢酸レチノール、etc

  • 守りと攻めのビタミンA

    (ビタミンA前駆体)
    レチノール誘導体の
    100倍~500倍の効果!

    レチノールはビタミンA1の化合物でヒアルロン酸量をアップさせたり、ターンオーバーを整えて肌トラブルを防ぐ用があります。「小ジワ改善の効果・効能」が2017年に厚生労働省から認められています。しかし、水、光、熱、空気に弱く安定性が悪い。また、高価で希少性が高く、極めて入手困難な原料です。

  • 攻めのビタミンA

    (ビタミンA誘導体)
    FDA認可医薬品(日本未認可)
    純粋レチノールの50倍~100倍の効果
    ビタミンAの誘導体(ホルモン作用)で生理活性の主役物質です。シワ、ニキビ、シミ、毛穴の治療薬として用いられています。肌への刺激も強い。

天然レチノール
・バクチオール
レチノールと同様に作用するオランダビユという植物から抽出される天然成分。
(次世代レチノール)(ビタミンA前駆体)

レチノイン酸誘導体
・トレチノイン酸トコフェリル
トレチノイン酸にビタミンEを化合しトレチノイン酸の刺激を抑えた化粧品原料
(ビタミンA前駆体)

施術を行ってはいけない方

バリア機能が働くようになり強いお肌へ導きます。
線維芽細胞が増殖されることで、コラーゲン産生が促進され、小ジワが目立たなくなります。また、皮膚の血行が良くなり血色がよくなります。
肌のターンオーバーを正常化することで、シミの元となるメラニンの排出を促し、シミ、くすみをキレイにしていきます。
古くなった角質や角栓などの毛穴の老廃物の排出を促します。また、皮脂の分泌をコントロールして、ニキビの予防になります。

施術を行ってはいけない方

□ 2週間以内に他のピーリングの施術、
または刺激の強い施術を受けている方
□ 皮膚疾患、感染症、出血性の疾患を患っている方
□ アトピー性皮膚炎、ヘルペスウイルスや皮膚病を発症している方
□ 皮膚が弱い、アレルギー体質、
化粧品かぶれや炎症を起こしやすい方
□ 妊娠または授乳中の方

施術後について

■ビタミンAによる細胞活性に伴い、赤み、ほてり、乾燥等の症状や、ニキビ、吹き出物が一時的に活性化するなどの症状があらわれる場合があります。ビタミンAを直接肌に補給し始めた時にみられる一過性の症状ですが、時間が経ち肌がビタミンAに慣れていくことで自然に症状は治まります。
■施術後はメイクを控えてください。4~5時間後にご自宅で刺激の少ない洗顔剤で洗顔して刺激の少ない基礎化粧品をお使い保湿をしっかりしてください。(DrPUR 基礎化粧品推奨)
■3日目くらいから徐々に皮剥けが始まり、1週間ほどかけてお顔全体が一皮剥けるような方が多いですが、皮むけに対しては個人差が多いです。
■1回の施術でも毛穴が目立たなくなったり、お肌のハリ感やツヤをご実感いただける方が多いですが、より高い効果を得る為に、3~4週間に1回のペースで4~6回程度の施術をお薦めしています。
■ホームケアとして、より効果をだすためにDrPUR#7AAAクリームの併用もお勧め致します。